» 料理

当館でお出しするお料理の主材料は地の魚介。
自然豊かな庄内の地物素材にこだわり、美味しさをご提供しています。
厳選した四季折々の旬の味をご堪能いただくために、
手をかけすぎないこと、そして心を込めて手作りしています。

 

暑い夏でもおいしい食材が豊富な庄内。
この季節にお出ししたい、ご満足のお料理をご用意いたしました。

春の膳


 夏の旬・・・鯛、口細カレイ、車海老、するめいか、天然岩牡蠣、鮑(アワビ)、栄螺(サザエ)、鱚(キス)、鯒(コチ)、目張(メバル)、西貝
山形牛、民田なす、だだちゃ豆、庄内メロン
庄内の海・山・里の恵みを冷酒やおいしいご飯とともにご堪能ください。

※調理長のこだわり
  ・当館の口細カレイは庄内禁漁となる夏期間でも近隣漁港より新鮮魚を手配、提供しております。
  ・天然岩牡蠣は身がふっくらとした(ミルクがのった)美味とご満足いただける品質のものを提供しております。(味が不満足な時期は提供をお断りしております)

 

 

 

庄内の秋は海も里山も食材の豊富な季節を迎えます。
米処庄内はお米の収穫の時期、自慢のおいしい新米をご用意いたします。

「庄内の芋煮鍋」は里芋・豚肉の味噌仕立鍋で季節の風物詩。
当館オリジナルの「ゴド芋饅頭」は飛島の在来ジャガイモ「ゴド芋」に魚介等を練りこんだ揚げ饅頭の逸品。

 秋の旬・・・鯛、口細カレイ、平目、鮭、車海老、甘海老、ハタハタ、あいなめ、やりイカ
きのこ類、もって菊(紫色の食用菊)、庄内柿、和梨
庄内秋の恵みを、地酒や、おいしい新米とともにご堪能ください。

 

 

 

厳しい冬でも美味しい素材が豊富な庄内。
寒い季節にこそお出ししたい、心も体も温まるお料理を堪能下さい。

冬の膳


 冬の旬・・・槍いか、寒鱈(どんがら汁)、あんこう、ずわい蟹、岩のり
赤かぶ漬け
海、山、川でとれる地元の食材を、燗をした地酒やおいしいご飯とともにご堪能ください。

 

 

 

3月、雛祭りとともに庄内にも春が訪れます。海の幸では桜鱒が春の訪れを告げ、季節の移りに合わせて魚種も豊富になっていきます。里や山の恵みも雪融けにあわせて少しづつ増えていきます。

「桜鱒のあんかけ」は春を味わう当地の定番、口細カレイの素焼きも美味な季節を迎えます。
晩春には孟宗筍を味噌・粕で仕立た「孟宗汁」が当地の季節料理、山の恵みの山菜類も料理に登場します。

 春の旬・・・桜鱒、口細カレイ、鯛、牡丹海老、ほうぼう、のどぐろ、めばる
山菜、孟宗筍、月山筍、砂丘苺
春を迎えた庄内の味をぜひご賞味ください。

 

※写真はイメージです。当館のメニューはその日の仕入れ食材により内容が変わります。

 

地元庄内の米シスト様がこころを込めて作るお米「めだかのお米」をお出ししております。「めだかのお米」とは、減農薬栽培でめだかが田んぼを泳ぎまわる環境で育てた特別栽培米です。全国食味ランキング特Aの評価の高いお米です

夕食には山形県が開発の「はえぬき」、朝食には山形県がお勧めの「つや姫」
テレビ番組でも2種類の絶品のご飯が食べられる宿として紹介されました。

50%以下※米シストの特別栽培米(山形県認定)は、化学肥料窒素成分量及び化学合成農薬使用回数が
地域慣行レベルので栽培され、めだかの泳ぐ水田で育てられたお米です。


全プランお部屋での夕食(イメージ)

 

夕食は、全プランお部屋で召し上がっていただけます。
ゆったりと食事のひとときをお楽しみください。

(5名様以上の場合は、個室の会食場のご案内となる場合がございますのでご了承ください。)



足の悪い方など、イスを使ってお夕食もできます

足の悪いお客様にも、テーブルを高くすることで、イスでお食事をお召し上がりいただくことも可能です。ご連絡下さい。

・小さい子連れだったので、お部屋で食事できて、気を使わずに済みました。
おいしい食事で日ごろの疲れを取る、休息日となりました。

・夫婦でのんびりとお酒と食事を楽しみました。
耳が聞こえにくい夫に少々大きな声で話しかけるので、お部屋での食事はありがたかったです。

夕食

地元の魚介類を中心に地元の食材を使い手作りした、和風懐石風料理でございます。
冷たい物は冷たく、温かい物は温かいうちに、順次お出しいたします。
(お部屋でのお食事を原則としております)※多人数の場合異なります

朝食

地元の食材を使い手作りで料理した和風朝食でございます。
基本客室・標準客室のお客様は、ラウンジで日本海を眺めながら召し上がっていただきます。部屋食にも変更できます。事前にお申し込みください。

料理は少な目にという方のために、「八分目アップコース」(数品減で質をアップしております)を設けております。

  • 季節に会わせた特注料理をご用意できます。
  • アレルギーについても、事前にお知らせください。

お食事についてのご要望は、宿泊予約の際もしくは、
宿泊の3日以上前にご連絡いただけますよう、よろしくお願いいたします。

    お問い合わせ・ご予約
  • メールでお問い合わせ
  • 宿泊プラン

トップに戻る