» 若女将の思い

湯野浜温泉の開湯は、天喜年間(1053年~1057年)大亀と漁夫の伝説に遡ります。
日本海という天与の景観と海の幸に恵まれ、古来、奥州三楽境の一つとして発展してまいりました。

私はこの地で学び、遊び、楽しい子ども時代を過ごしました。その後地元を離れ、情報工学を学び、プログラマー、SEとして6年勤めたあと、母の苦労する姿を見て何か手伝えることがあるのではと思い、旅館という家業を継ぐことを決心いたしました。

日本海に面して建つ大ホテルや旅館群の中の小さなお宿「一久」。昭和18年に創業し、皆様に愛されてきた一久とともに歩めることは大変うれしく、また毎日が緊張の連続でもあります。

一年間の女将修行をして戻りまして、一久は料理、温泉、お部屋がバランスよくマッチングしている宿だと感じております。どの場面でも快適で寛いでいただけるそんな宿でありたいです。お料理は美味しく、素材の説明も丁寧に行い、お迎えからお見送りまで、お客様に安定した居心地の良さを感じていただけるように心掛けております。その季節にとれる新鮮な食材を、一番美味しい時に、目で見て楽しみ、そして味わっていただきながら、旬の喜びを感じてもらえたらうれしく思います。

一久をまるでご実家だと思っていただける居心地のよい宿、お客様に「ただいま」と言っていただけるような旅館でありたいと思っております。スタッフ全員が家族のような一体感を持ってお客様をお迎えいたします。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

湯野浜温泉 海辺のお宿 一久
若女将 池田真知子


    お問い合わせ・ご予約
  • メールでお問い合わせ
  • 宿泊プラン

トップに戻る